絶対子工場

カレル・チャペック 著 ; 金森誠也 訳

『ロボット』『山椒魚戦争』で有名なチャペックの本格的近未来小説。人類が今まさに遭遇している原子力、原発、放射能汚染状況を今世紀の初めに予見した恐るべき作品。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絶対子工場
著作者等 Čapek, Karel
金森 誠也
チャペック カレル
書名ヨミ ゼッタイシ コウジョウ
書名別名 Továrna na absolutno

Zettaishi kojo
出版元 木魂社
刊行年月 1990.4
ページ数 237p
大きさ 20cm
NCID BN05269698
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90033527
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 チェコ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想