日本近代美術史論

高階秀爾 著

日本美術の「近代」は、西欧絵画との魂を揺さぶる出会いから始まった。洋画を拓いた由一、清輝。日本画の芳崖、大観、春草。また彼らとフェノロサ、天心との運命的な交錯…。近代美術の黎明からその展開期にかけての、伝統と革新のせめぎ合いの諸相を、本書は先駆者たちの内面に分け入り追究する。著者の卓越した眼力と厳しく鮮やかな論証に目を覚まされる、美術史学の真の名著をここに贈る…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 高橋由一
  • 高橋由一再編
  • 黒田清輝
  • 青木繁
  • 狩野芳崖
  • フェノロサ
  • 岡倉天心
  • 横山大観
  • 菱田春草
  • 富岡鉄斎
  • 藤島武二
  • 山本芳翠

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本近代美術史論
著作者等 高階 秀爾
書名ヨミ ニホン キンダイ ビジュツ シロン
出版元 講談社
刊行年月 1972
ページ数 295p 図24枚
大きさ 22cm
ISBN 4061589415
NCID BN01980001
BN05261404
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75051112
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想