東洋の狂気誌

小田晋 著

インド、チベット、中国、およびアラビア文化圏における狂気の歴史と精神医学史を概観することによって、わが国や西欧のそれとの「共通性」と「差異」を析出し、人類の文化を通底する狂気観を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 アジア・アフリカ狂気誌序説
  • 第1章 インド古代医学と狂気
  • 第2章 仏典における狂気と深層心理
  • 第3章 インド文化と社会病理
  • 第4章 仏教精神医学の東漸とその影響
  • 第5章 チベットの仏教精神医学と精神分裂病
  • 第6章 インドと中国の狂気観
  • 第7章 中国における狂の思想
  • 第8章 中国の憑依とシャーマニズム
  • 第9章 中国文化と狂気観
  • 第10章 東方における狂気の源流
  • 終章 狂気論および精神医学の東と西

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東洋の狂気誌
著作者等 小田 晋
小田 普
書名ヨミ トウヨウ ノ キョウキシ
出版元 思索社
刊行年月 1990.7
ページ数 271p
大きさ 20cm
ISBN 4783511551
NCID BN05250576
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90054024
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想