南・北朝鮮の法制定史

金圭昇 著

[目次]

  • 植民地時期の法制定史(日本の朝鮮侵略開始と司法権の奪取
  • 植民地支配確立のための弾圧法令の整備
  • 植民地支配の確立と弾圧法令
  • 「文化統治」と新たな弾圧法令
  • 植民地ファッショ支配と弾圧法令)
  • 南朝鮮の法制定史(アメリカの軍事占領と公布された法令
  • 李承晩政権の公布した諸法令
  • 許政・張勉政権の悪法制定策動
  • 朴正煕軍事暴圧体制の樹立
  • 朴正煕政権の「民政移管」と法の運用
  • 「維新体制」と暴圧措置
  • 「憲法」の改悪過程と「維新憲法」
  • 全斗煥・盧泰愚軍事政権と法
  • 南朝鮮の法曹人口の形成
  • 弁護士制度とその実態)
  • 北朝鮮の法制定史(反帝反封建民主革命時期の法令
  • 社会主義への過渡期段階の法令
  • 祖国解放戦争時期の戦時法令
  • 戦後復旧建設時期と工業化段階の法令
  • 社会主義の完全勝利と法令
  • 司法制度の発展過程
  • 裁判・検察機関と弁護士制度)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南・北朝鮮の法制定史
著作者等 金 圭昇
書名ヨミ ミナミ キタチョウセン ノ ホウ セイテイシ
書名別名 Minami kitachosen no ho seiteishi
出版元 社会評論社
刊行年月 1990.8
ページ数 491p
大きさ 22cm
NCID BN05245102
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91053353
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想