アンチ・ソシュール

レイモンド・タリス 著 ; 村山淳彦 訳

バルト、デリダ、ラカンなど現代フランス思想の精鋭たちの思想をソシュール言語理論の誤解にもとづくものと裁断しアメリカ文学批評・理論においてポスト構造主義が席捲する知の状況をきびしく批批的な鳥瞰する長大な最新論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 文学、言語、現実
  • 第2章 文の交わりとしての文学
  • 第3章 幻想としての指示作用
  • 第4章 指示作用復興
  • 第5章 鏡像段階-批判的省察
  • 第6章 歩行と差延-レゴ中心主義の復権へ
  • 第7章 事実、そして真理対応説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アンチ・ソシュール
著作者等 Tallis, Raymond
村山 淳彦
タリス レイモンド
書名ヨミ アンチ ソシュール
書名別名 Not Saussure

ポスト・ソシュール派文学理論批判

Anchi soshuru
シリーズ名 ポイエーシス叢書 4
出版元 未来社
刊行年月 1990.9
ページ数 482, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4624932048
NCID BN05237931
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90057480
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想