ソ連崩壊論

勝田吉太郎 ほか著

なんの幻想をいだくこともなく冷徹にソ連と東欧をウオッチングしつづけた5人の碩学が、いま歴史の証言台から20世紀を総括。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ソ連の崩壊
  • 2 脱共産化革命を考える
  • 3 歴史に復讐されるソ連
  • 4 ペレストロイカとソ連経済
  • 5 「邪教」マルクス主義の滅亡
  • 6 民族問題とペレストロイカの大きな矛盾
  • 7 世界の大勢
  • 8 東欧の激動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソ連崩壊論
著作者等 勝田 吉太郎
佐瀬 昌盛
木屋 隆安
法眼 晋作
丹羽 春喜
書名ヨミ ソレン ホウカイロン
書名別名 Soren hokairon
出版元 講談社
刊行年月 1990.9
ページ数 310p
大きさ 20cm
ISBN 4062046040
NCID BN05237217
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90054859
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想