日本文化と個人主義

山崎正和 著

「日本=集団主義、西欧=個人主義」の通念に反論、日本文化の普遍性を論証して、文化大国への方途を示す。昭和史70年の知的意味を考察し、1980年代を「透明な停滞の時代」と名付ける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本文化の世界性-柔らかい個人主義の系譜(文化論の落とし穴
  • 日本文化の主流
  • 表現する個人
  • イエ社会と間人の理論
  • 近代化と日本論の歪み)
  • あらためて個人主義とは何か(文化と個別化の原理
  • 社交と「社会化」の原理)
  • 「インテリ」の盛衰-昭和の知的社会(第二世代の近代知識人
  • 知的社会の三層構造
  • 知的階層化と社会
  • 知的社会と戦争
  • インテリの消滅)
  • おんりい・いえすたでい'70s〜'80s-透明な停滞期(中心の分散
  • 個別化の進行と充実
  • 透明な停滞の時代)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文化と個人主義
著作者等 山崎 正和
書名ヨミ ニホン ブンカ ト コジン シュギ
出版元 中央公論社
刊行年月 1990.8
ページ数 221p
大きさ 20cm
ISBN 4120019608
NCID BN05228533
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91019111
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想