貨幣論

岡橋保 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序論 / 1~4
  • 第一編 貨幣の基礎理論 / 1
  • 第一章 貨幣の本質と諸學説 / 3
  • 第二章 商品經濟と貨幣 / 12
  • 第三章 貨幣の機能 / 27
  • 第一節 貨幣の基本的機能 / 29
  • 〔I〕 價値の尺度 / 29
  • 〔II〕 交換手段 / 37
  • 第二節 貨幣の二次的機能 / 39
  • 〔I〕 蓄藏貨幣 / 41
  • 〔II〕 支拂手段 / 50
  • 〔III〕 世界貨幣 / 56
  • 第四章 貨幣の諸形態とその流通法則 / 59
  • 第一節 本位貨幣とその流通法則 / 60
  • 第二節 補助貨幣と紙幣流通の法則 / 65
  • 第三節 商業貨幣と手形流通の法則 / 69
  • 第四節 國際的商業貨幣 / 73
  • 第二編 信用貨幣の理論 / 75
  • 第五章 信用貨幣の成立 / 77
  • 第六章 信用貨幣の種類 / 85
  • 第一節 銀行手形 / 87
  • 第二節 銀行引受手形 / 89
  • 第三節 兌換銀行券 / 91
  • 第四節 預金貨幣 / 92
  • 第五節 銀行自己宛小切手 / 96
  • 第七章 信用貨幣の中立性 / 99
  • 第一節 商業手形の割引 / 102
  • 第二節 擔保付貸付 / 105
  • 第三節 無擔保貸付 / 113
  • 第八章 日本銀行劵 / 120
  • 第一節 兌換銀行券とその異質化 / 120
  • 第二節 わが國の發券制度 / 125
  • 第三節 各種銀行券と構成比率 / 134
  • 第九章 預金貨幣とその異質化 / 154
  • 第十章 信用貨幣の變質とインフレーション / 167
  • 第十一章 わが國の預金貨幣インフレーション / 175
  • 第三編 貨幣制度 / 199
  • 第十二章 現在の貨幣信用體制 / 201
  • 第十三章 金本位制度 / 208
  • 第一節 金本位制度の制覇 / 208
  • 第二節 金本位制度の機能 / 215
  • 第三節 金本位制度の發展 / 223
  • 第十四章 國際通貨基金 / 233
  • 第一節 國際通貨基金の成立 / 233
  • 第二節 國際通貨基金の機能 / 238
  • 第十五章 貨幣論から金融論へ / 245
  • 參考文獻目録 / 1~8

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 貨幣論
著作者等 岡橋 保
書名ヨミ カヘイロン
シリーズ名 現代商学全集 ; 第6
出版元 春秋社
刊行年月 1949
版表示 増補新版
ページ数 254p
大きさ 22cm
NCID BN05181509
BN0522787X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49012800
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想