成瀬巳喜男の設計 : 美術監督は回想する

中古智, 蓮実重彦 著

傑作はいかにして支えられたか。数々の名作を成瀬巳喜男が思いのままに撮れたのは、成瀬組と総称されるスタッフが最良の仕事ぶりを発揮したからに他ならない。成瀬作品をはじめ東宝映画の美術を長年にわたって担当した中古智が、今は失われた「撮影所の映画」の豊かなディテールとその歴史を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 成瀬巳喜男との再会
  • 『巴里の屋根の下』を見て映画をやろうと決意しました
  • PCL美術部が出来るまで
  • 経済主義的な東宝路線を築いた北猛夫
  • 久保一雄・山崎醇之助の仕事
  • 美術監督としてのデビュー
  • セットにおける装置家の仕事
  • 『めし』について
  • 『山の音』について
  • 『浮雲』について
  • 『ゴジラ』から『大番』シリーズのころ
  • 最後の成瀬巳喜男
  • 中古智美術監督作品目録
  • 成瀬巳喜男監督作品目録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 成瀬巳喜男の設計 : 美術監督は回想する
著作者等 中古 智
蓮実 重彦
書名ヨミ ナルセ ミキオ ノ セッケイ
シリーズ名 リュミエール叢書 7
出版元 筑摩書房
刊行年月 1990.6
ページ数 305p
大きさ 21cm
ISBN 4480871675
NCID BN05224339
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90050836
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想