セイ「経済学」

山口茂 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序説 / 1
  • 一 ジャン・バティスト・セイの生涯 / 3
  • 二 經濟學方法 / 14
  • 前篇 セイ『經濟學』の構成 / 21
  • 第一章 生産 / 23
  • 一 生産の意義と種類 / 23
  • 二 勞働 / 28
  • 三 資本 / 31
  • 四 自然 / 36
  • 五 販路 / 37
  • 六 貨幣 / 44
  • 第二章 分配 / 53
  • 一 價格 / 53
  • 二 所得 / 60
  • 三 勞働所得 / 68
  • 四 資本所得 / 72
  • 五 土地所得 / 76
  • 第三章 消費 / 79
  • 一 消費の種類とその一般的結果 / 79
  • 二 再生産的消費 / 82
  • 三 不生産的消費 / 83
  • 四 公的消費の性質とその支出の種類 / 85
  • 五 公的消費の財源 / 89
  • 六 公債 / 91
  • 後篇 セイ『經濟學』の學説史上の意義 / 93
  • 第一章 富とその生産 / 95
  • 一 セイに於ける富とその生産の意義 / 96
  • 二 フィジオクラートに於ける「富とその生産」とセイ / 101
  • 三 アダム・スミスに於ける「富とその生産」とセイ / 109
  • 第二章 生産基本とその所得 / 115
  • 第三章 實物經濟學と信用理論 / 120
  • 一 セイに於ける價格體系の樹立 / 120
  • 二 セイの實物經濟學に於ける信用理論 / 128
  • 第四章 資本の生産的勤勞と立替理論 / 134
  • 第五章 販路の理論を通してみたセイ『經濟學』の地位 / 141
  • 一 佛蘭西經濟學の性格 / 141
  • 二 セイの販路の理論 / 147
  • 三 アダム・スミスの市場理論 / 151
  • 四 スミスとセイの市場理論の相異 / 154
  • 五 ケネーの經濟表と販路の理論 / 162
  • 六 セイの經濟學方法 / 166
  • 七 セイ『經濟學』の古典經濟學に於ける地位 / 168
  • 八 販路の理論と不均衡 / 179
  • 九 市場均衡の三つの型とセイの販路の理論 / 184
  • 第六章 補論 セイ『經濟學』の總括的意義 / 191
  • 人名索引
  • 事項索引
  • セイ主要著作一覽

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 セイ「経済学」
著作者等 山口 茂
書名ヨミ セイ ケイザイガク
書名別名 Sei keizaigaku
シリーズ名 春秋社経済学選書
出版元 春秋社
刊行年月 1948
版表示 学生版
ページ数 205p 図版
大きさ 18cm
NCID BA39072091
BN05220021
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48011718
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想