精神分析と仏教

武田専 著

名僧・高僧の身を挺しての行動を分析する。正法を唱えて流された日蓮の宗教的確信は?最澄、道元、親鸞の独自の行動は?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • フロイトと精神分析(精神分析とは何か
  • 小児性欲論とエス・自我・超自我
  • 自由連想法と抑圧・抵抗
  • フロイトの高弟たち)
  • フロイトとユング(生い立ちと人格形成
  • リビドーと無意識
  • 夢と影
  • 死の本能論と宗教観)
  • 仏教と無意識(仏教とは何か
  • 無意識と唯識説
  • 大乗仏教と密教
  • 最澄と空海
  • 親鸞・道元・日蓮)
  • 日本の精神分析(森田療法と精神分析
  • 古沢平作とその生い立ち
  • 丸井と古沢
  • フロイトとの会見
  • 阿闍世コンプレックス
  • 古沢と若い門弟たち
  • 学会設立への胎動
  • 学会成立と病院建設
  • 古沢と三浦
  • 土居・小此木の古沢批判と『甘えの構造』
  • 境界例と古沢の横顔
  • 古沢と一遍)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神分析と仏教
著作者等 武田 専
書名ヨミ セイシン ブンセキ ト ブッキョウ
書名別名 Seishin bunseki to bukkyo
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 1990.8
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 4106003848
NCID BN05216986
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90052497
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想