地方からの発想

平松守彦 著

「地方の時代」が謳われて久しいが、現実には東京一極集中がいっそう進行している。真の豊かさを地方から実現する道はないのか。通産官僚から大分県知事に転身し、いまや海外からも注目される一村一品運動の提唱者として知られる著者が、地方の苦境を中央にぶつけてきた模索の十余年をふり返りつつ、新たな戦略を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 逆風をついて
  • 1 一村一品運動-これまで・いま・これから(私はなぜ一村一品運動を提唱したか
  • 運動はどのように展開したか
  • 人づくり、豊の国づくり塾
  • 一村一品運動への疑問に答える
  • 一村一品とローカル外交)
  • 2 ハイテクとローテク(海の都と空の都
  • 豊の国テクノポリス
  • テクノポリスはソフトポリス
  • 地場企業に技術移転を
  • マリノポリスとは何か
  • ニューメディアは地域を活性化するか)
  • 3 高齢化社会の生き方
  • 地域の文化
  • 地方自治と地方分権

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地方からの発想
著作者等 平松 守彦
書名ヨミ チホウ カラノ ハッソウ
書名別名 Chiho karano hasso
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.9
ページ数 229p
大きさ 18cm
ISBN 4004301386
NCID BN05216964
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91002716
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想