歴史と階級意識

ルカーチ 著 ; 城塚登, 古田光 訳

人間の主体性を媒介として歴史を理解しようとするルカーチの態度は、人間が絶えず自覚的に道を求め、探求者として行動せざるをえない存在であるという積極的な主張を含意している。人間を探求者とか、求道者として位置づけるという思想は、現代の心理学でいえば「人間の最高の欲求としての自己実現」を人間性の基本とする思考であろう。

「BOOKデータベース」より

故国ハンガリー革命とその挫折という痛切な体験を踏まえて亡命先で書きつがれた思想的総括。1920年代ヨーロッパの歴史的現実を前に、焦燥と苦悩を唯物弁証法によって超克せんとする意志がここにある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 正統的マルクス主義とはなにか
  • 第2章 マルクス主義者としてのローザ・ルクセンブルク
  • 第3章 階級意識
  • 第4章 物象化とプロレタリアートの意識
  • 第5章 史的唯物論の機能変化
  • 第6章 合法と非合法
  • 第7章 ローザ・ルクセンブルクの『ロシア革命批判』についての批判的考察
  • 第8章 組織問題の方法論

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 正統的マルクス主義とはなにか
  • 第2章 マルクス主義者としてのローザ・ルクセンブルク
  • 第3章 階級意識
  • 第4章 物象化とプロレタリアートの意識
  • 第5章 史的唯物論の機能変化
  • 第6章 合法と非合法
  • 第7章 ローザ・ルクセンブルクの『ロシア革命批判』についての批判的考察
  • 第8章 組織問題の方法論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史と階級意識
著作者等 Lukács, György
古田 光
城塚 登
ルカーチ ジェルジ
ルカーチ G.
書名ヨミ レキシ ト カイキュウ イシキ
書名別名 Rekishi to kaikyu ishiki
出版元 白水社
刊行年月 1975
ページ数 560p
大きさ 19cm
ISBN 4560022593
NCID BN01893461
BN05214663
BN06404052
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
74009990
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想