望郷と海

石原吉郎 著

1945年、ハルピンでソ連軍に抑留された著者は、1953年に特赦で日本に帰還するまでの8年間、シベリア各地のラーゲリを転々とした。極寒の地での激しい強制労働、栄養失調、それに同じ囚人の密告などなど。帰還後、著者は自己の経験をすこしずつ詩に、そして散文に書きとめる。まさにそれは、その経験を語りうる統覚と主体の再構成を意味していた。本書は、「告発せず」を貫きながら,何より厳しく自己の精神と魂のありようを見つめつづけた稀有の記録である。

「BOOKデータベース」より

1945年、ハルピンでソ連軍に抑留され、1953年に特赦で日本に帰還した著者が、シベリア各地のラーゲリを転々とした体験をもとに執筆した全エッセイを収録。極寒の地での激しい労働、栄養失調、同囚の密告などに耐えて生き続ける人間の姿と、何よりも厳しく自己自身の精神と魂のありようを静かに見つめ続けた希有な記録である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 確認されない死のなかで
  • ある「共生」の経験から
  • ペシミストの勇気について
  • オギーダ
  • 沈黙と失語
  • 強制された日常から
  • 終りの未知
  • 望郷と海
  • 弱者の正義
  • 沈黙するための言葉
  • 不思議な場面で立ちどまること
  • 『邂逅』について〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 確認されない死のなかで
  • ある<共生>の経験から
  • ペシミストの勇気について
  • オギーダ
  • 沈黙と失語
  • 強制された日常から
  • 終りの未知
  • 望郷と海
  • 弱者の正義
  • 沈黙するための言葉
  • 不思議な場面で立ちどまること
  • 『邂逅』について
  • 棒をのんだ話
  • 肉親へあてた手紙
  • 1956年から1958年までのノートから
  • 1959年から1962年までのノートから
  • 1963年以後のノートから

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 望郷と海
著作者等 石原 吉郎
書名ヨミ ボウキョウ ト ウミ
書名別名 Bokyo to umi
出版元 筑摩書房
刊行年月 1972
ページ数 282p
大きさ 20cm
ISBN 4480024921
NCID BA32302273
BN05188359
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75004268
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想