現代型訴訟と行政裁量

高橋滋 著

[目次]

  • 第1章 本論の目的と構成
  • 第2章 現代西ドイツにおける裁量論の展開
  • 第3章 計画裁量と過程の統制
  • 第4章 原子力行政に対する裁判的統制と多段階的行政手続
  • 第5章 補助金行政における裁量とその統制原理
  • 第6章 問題の個別的分析

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次 / p4
  • 第一章 本論の目的と構成 / p1
  • 第二章 現代西ドイツにおける裁量論の展開 / p9
  • 第一節 一九五五年当時における判例学説の状況 / p9
  • 第二節 判断余地説、代替可能性説の提唱とその通説化 / p13
  • 第一款 判断余地説、代替可能性説とD・イェッシュの理論 / p13
  • 第二款 H・エームケとH・ぺータースの学説 / p18
  • 第三款 判例の立場とそれを支持する学説-H・H・ルップの理論 / p21
  • 第四款 「自由に形成される行政」の概念 / p27
  • 第五款 小括 / p32
  • 第三節 計画裁量と行政責任論 / p34
  • 第一款 一九七一、二年における判例の転換 / p34
  • 第二款 判例における計画裁量概念の成立と学説の立場 / p41
  • 第三款 学説における行政責任論の提唱 / p48
  • 第四款 一九七〇年代半ば以降における諸判決 / p55
  • 第五款 小括 / p60
  • 第四節 科学技術問題と裁量論-現在に至るまでの裁量論の動向 / p63
  • 第一款 はじめに / p63
  • 第二款 フェルデ事件と「予めなされた専門家鑑定」の理論 / p67
  • 第三款 ヴィール原発判決に至るまでの判例学説の展開 / p71
  • 第四款 西ドイツ裁量論の現状 / p79
  • 第五款 小括 / p87
  • 第五節 本章における中間的結論 / p89
  • 第三章 計画裁量と過程の統制 / p95
  • 第一節 序説 / p95
  • 第二節 都市建設計画法制の発展と現行法システム(概要) / p95
  • 第三節 建設管理計画におけるゲマインデの計画裁量とその裁判的統制 / p103
  • 第一款 計画裁量に対する裁判的統制の特徴-過程の統制 / p103
  • 第二款 板ガラス判決と旧連邦建設法一五五条のb二項二文 / p105
  • 第三款 「過程の統制」をめぐる学説上の議論 / p112
  • 第四節 本章における中間的結論 / p118
  • 第四章 原子力行政に対する裁判的統制と多段階的行政手続 / p123
  • 第一節 序説 / p123
  • 第二節 原子力法制の概要 / p124
  • 第一款 原子力法制の概要 / p124
  • 第二款 原子力発電所の設置、運転許可における安全規制の法的特徴 / p128
  • 第三節 原子力発電所の設置、運転許可における安全規制とその裁判的統制 / p135
  • 第一款 はじめに / p135
  • 第二款 科学技術問題と裁判官 / p135
  • 第三款 科学技術の利用に伴うリスクとその評価 / p139
  • 第四款 一九八〇年前後における連邦憲法裁判所の諸裁判の検討 / p143
  • 第五款 小括 / p148
  • 第四節 原発許可における多段階的行政手続 / p152
  • 第一款 はじめに / p152
  • 第二款 多段階的行政手続の法的問題点 / p153
  • 第三款 小括 / p164
  • 第五節 本章における中間的結論 / p165
  • 第五章 補助金行政における裁量とその統制原理 / p169
  • 第一節 序説 / p169
  • 第二節 補助金行政の概要 / p171
  • 第三節 補助金行政における裁量とその統制原理 / p181
  • 第一款 補助金行政における裁量と伝統的統制原理 / p181
  • 第二款 補助金行政における裁量と公共性原理 / p187
  • 第三款 補助金行政における裁量とその他の統制原理 / p195
  • 第四節 本章における中間的結論 / p201
  • 第六章 問題の個別的分析 / p205
  • 第一節 序説 / p205
  • 第二節 公法上の基本原理に関する学説の変遷と裁量論の展開 / p206
  • 第一款 全部留保説の行政観と行政責任論 / p206
  • 第二款 「公権力」観の対立-「国家」と「社会」の二元論をめぐって / p213
  • 第三款 行政裁判権論 / p221
  • 第三節 裁量論の展開に見られる基礎理論の変遷 / p227
  • 第一款 裁量、不確定概念、覊束行為 / p227
  • 第二款 過程の統制と多段階的行政手続 / p232
  • 第三款 行政学におけるプログラム理論と行政法学 / p238
  • 第四節 裁量論における行政手続論、参加論の発展 / p243
  • 第一款 代償的権利保護機能に関する議論 / p243
  • 第二款 残された問題の検討・行政手続と公共性論 / p249
  • 第五節 本章における中間的結論 / p258
  • 第七章 むすび / p263
  • 第一節 裁量論の展開過程における特徴-わが国と西ドイツとの比較 / p263
  • 第二節 今後の展望 / p268
  • 事項索引・人名索引 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代型訴訟と行政裁量
著作者等 高橋 滋
書名ヨミ ゲンダイガタ ソショウ ト ギョウセイ サイリョウ
出版元 弘文堂
刊行年月 1990.8
版表示 オンデマンド版
ページ数 273, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4335310676
NCID BN05183810
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90054881
22624167
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想