日本同時代史  1 (敗戦と占領)

歴史学研究会 編

本巻は、日本敗戦から占領軍の初期改革が実現した時期までを扱う。連合国による天皇制国家に対する「国家改造」は新憲法と象徴天皇制を生みだし、飢えと混沌のなかで民衆の新しい意識と運動が…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 日本敗戦と戦後世界
  • 1 日本降伏への道
  • 2 敗戦
  • 3 民主化政策と旧支配体制の解体
  • 4 新憲法と象徴天皇制
  • 5 占領期の日本経済
  • 6 大衆運動と民衆
  • 7 社会の変化と戦後思想の出発
  • 8 占領改革の政治力学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本同時代史
著作者等 功刀 俊洋
宮崎 章
広川 禎秀
木坂 順一郎
森 武麿
歴史学研究会
油井 大三郎
粟屋 憲太郎
荒井 信一
赤沢 史朗
書名ヨミ ニホン ドウジダイシ
書名別名 敗戦と占領
巻冊次 1 (敗戦と占領)
出版元 青木書店
刊行年月 1990.9
ページ数 318, 12p
大きさ 20cm
ISBN 4250900282
NCID BN05183377
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91001373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想