アジア新潮流 : 西太平洋のダイナミズムと社会主義

渡辺利夫 著

アジアを語る常套句「停滞」と「専制」は「成長」と「民主」に変わった。NIES・ASEAN諸国は急激に輸出を拡大するとともに輸入能力を強化し、次代の世界経済の牽引車になろうとしている。一方、東欧変革後、中国、ベトナム、北朝鮮は程度の差こそあれ、硬直した社会主義路線から改革・開放への変化の兆しをみせている。米ソの勢威衰退を補い、世界経済のブロック化に歯止めをかけ、自由貿易体制を活気づけるのはアジア諸国である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 現代アジアを眺望する
  • 第1章 西太平洋の転換能力-構造変動の連鎖的継起について
  • 第2章 中国に胎動する新しい発展メカニズム-挫折と希望
  • 第3章 揺らぐ香港-離脱と統合
  • 第4章 ベトナム改革・開放への苦闘-もうひとつのペレストロイカは実を結ぶか
  • 第5章 さまよえる神聖国家北朝鮮-開放へのはるけき道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジア新潮流 : 西太平洋のダイナミズムと社会主義
著作者等 渡辺 利夫
書名ヨミ アジア シンチョウリュウ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1990.8
ページ数 201p
大きさ 18cm
ISBN 4121009827
NCID BN05171979
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91019152
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想