古代エジプト : 失われた世界の解読

笈川博一 著

ツタンカモンの黄金の仮面は、われわれにとっての古代エジプトを象徴しているが、ナイル渓谷のデルタ地帯に高度に集約的な農業を展開したその社会を支えた人々の姿は未だに知られていない。はたして、どんな国土に誰が住み、どんな宗教の下で、どう暮らし、どう死んでいったのか。言語も一度は完全に忘れ去られ、外界との接触もないまま滅亡した「閉じられた王国」の全貌を、数少ない資料を基に、丹念に再構築する試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 エジプトの国土と人々
  • 第2章 エジプトの歴史
  • 第3章 宗教と神話
  • 第4章 死と来世
  • 第5章 言葉と文字
  • 第6章 文学作品
  • 第7章 王の王、ラメセス2世

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代エジプト : 失われた世界の解読
著作者等 笈川 博一
書名ヨミ コダイ エジプト
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1990.8
ページ数 187p
大きさ 18cm
ISBN 4121009835
NCID BN05171946
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91019034
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想