現代刑法体系の基本問題

ベルント・シューネマン 著編 ; 中山研一, 浅田和茂 監訳

[目次]

  • 刑法上の体系思考に関する序論
  • 国家刑法の目的と刑法上の帰属の諸形式
  • ロクシンの刑事政策的刑法体系に対する批判
  • 不法への客観的帰属と人的帰属-打撃の錯誤と客観的処罰条件についての考察を兼ねて
  • 個人的帰責、答責性、責任
  • 予防刑法上における責任原理の機能
  • 累犯と量刑

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代刑法体系の基本問題
著作者等 Schünemann, Bernd
中山 研一
浅田 和茂
シューネマン ベルント
書名ヨミ ゲンダイ ケイホウ タイケイ ノ キホン モンダイ
書名別名 Grundfragen des modernen Strafrechtssystems
出版元 成文堂
刊行年月 1990.7
ページ数 272p
大きさ 22cm
ISBN 4792312213
NCID BN05161024
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91007949
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想