古鏡

小林行雄 著

銘文の解説・編年・製法技術・伝来経路・分配論などを究め、古代史・考古学の基本となった小林理論の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 凸面鏡と凹面鏡-はじめ日本人は鏡をどううけとったか
  • 2 漢の鏡-弥生時代には中国鏡をどうして手にいれたか
  • 3 魏の鏡-卑弥呼がもらったのはどのような鏡か
  • 4 大和政権と鏡-古代の権力者は鏡をどうとりあつかったか
  • 5 〓製鏡-日本ではどのような鏡をつくったか
  • 6 倭の五王と鏡-五世紀には鏡はどう変化したか
  • 7 正倉院の鏡-唐の文化は鏡をどうかえたか
  • 8 唐鏡から和鏡へ-八世紀以後の日本人は鏡をどう見なおしたか
  • 9 鏡の製作-鏡の製作法はどうかわってきたか
  • 10 鏡の幾何学-幾何学は鏡の製作にどう役だったか

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 一 凸面鏡と凹面鏡 / p1
  • --はじめ日本人は鏡をどううけとったか--
  • 二 漢の鏡 / p19
  • --弥生時代には中国鏡をどうして手にいれたか--
  • 三 魏の鏡 / p40
  • --卑弥呼がもらったのはどのような鏡か--
  • 四 大和政権と鏡 / p61
  • --古代の権力者は鏡をどうとりあつかったか--
  • 五 彷製鏡 / p82
  • --日本ではどのような鏡をつくったか--
  • 六 倭の五王と鏡 / p103
  • --五世紀には鏡はどう変化したか--
  • 七 正倉院の鏡 / p126
  • --唐の文化は鏡をどうかえたか--
  • 八 唐鏡から和鏡へ / p148
  • --八世紀以後の日本人は鏡をどう見なおしたか--
  • 九 鏡の製作 / p169
  • --鏡の製作法はどうかわってきたか--
  • 十 鏡の幾何学 / p189
  • --幾何学は鏡の製作にどう役だったか--
  • 文献解説 / p211

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 古鏡
著作者等 小林 行雄
田中 琢
書名ヨミ コキョウ
書名別名 Kokyo
出版元 学生社
刊行年月 1965
版表示 解説付新装版
ページ数 220p 図版
大きさ 19cm
ISBN 4311202423
NCID BA50329497
BN05158868
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65009517
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想