ふるさとを創った男

猪瀬直樹 著

東京が都市化と洋風化のライフスタイル革命の波に揺れていた明治末から大正初め、「故郷」「春が来た」「春の小川」「紅葉」など日本の四季を歌った名曲が生まれた。これらはいずれも同じ作詞、作曲コンビにより創られている。物語は島崎藤村の名作「破戒」のモデルとなった北信濃の古寺からはじまる。若い住職はシルクロード探検隊へ。美しい姉妹は東京へ、上海へ。そして「ふるさとを創った男」との邂逅。だれもが一度は口ずさんだあの懐しい歌、その出生の秘密を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ふるさとを創った男
著作者等 猪瀬 直樹
書名ヨミ フルサト オ ツクッタ オトコ
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1990.6
ページ数 297p
大きさ 20cm
ISBN 4140051574
NCID BN05147806
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90052141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想