日本庭園発達史

横井時冬 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一篇 橿原朝以來奈良朝の末に至る迄の作庭を叙す / 1
  • 第二篇 桓武帝平安定鼎以來鎌倉幕府の末に至る迄の作庭を叙す / 7
  • 第一節 宮闕幷に諸離宮に關する作庭を叙す / 7
  • 第二節 寢殿式の作庭を叙す / 24
  • 第三節 縉紳家第宅の作庭を叙す / 40
  • 第四節 縉紳家別業の作庭を叙す / 50
  • 第五節 鎌倉式の作庭を叙す / 58
  • 第三篇 足利氏幕府時代の作庭を叙す / 68
  • 第一節 室町式の作庭を叙す / 68
  • 第二節 足利[氏]第宅幷に別業の作庭を叙す / 83
  • 第四篇 織田豐臣氏幕府以來德川氏幕府時代の作庭を叙す / 91
  • 第一節 數寄屋式の作庭を叙す / 91
  • 第二節 京都諸離宮の作庭を叙す 附滴翠園渉成園 / 110
  • 第三節 德川氏幕府時代江戶の作庭を叙す / 127
  • 第五篇 維新以來作庭の變遷を叙す / 158
  • 附言 / 163
  • 一作庭記 / 167
  • 山水幷野形圖 / 199

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本庭園発達史
著作者等 堀口 捨巳
森 蘊
横井 時冬
書名ヨミ ニホン テイエン ハッタツシ
シリーズ名 日本文化名著選
出版元 創元社
刊行年月 1940
ページ数 231p 図版
大きさ 17cm
NCID BN05146756
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58001516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想