鉄鋼

市川弘勝 著

[目次]

  • 目次
  • 一 鉄はわれわれの生活とどんな関係があるか / p1
  • 1 古代における鉄の発見と使用 / p1
  • 2 近代製鉄技術確立まえの鉄の生産 / p6
  • 3 資本主義の発展と鉄の役割 / p10
  • 4 戦争と鉄 / p17
  • 5 国民生活と鉄 / p20
  • 二 日本鉄鋼業はどのようにして発達してきたか / p25
  • 1 明治維新前後の製鉄助成策 / p25
  • 2 官営八幡製鉄所の成立 / p29
  • 3 民間製鉄企業の発展 / p33
  • 4 大戦後の不況と資本の集中 / p37
  • 5 日華戦争後の鉄鋼業の拡充 / p40
  • 6 太平洋戦争中の鉄鋼業の変貌 / p43
  • 7 戦後の鉄鋼生産の回復 / p48
  • 三 鉄鋼業の原料はどこからくる / p54
  • 1 鉄鋼業の原料 / p54
  • 2 貧弱な国内資源 / p59
  • 3 原料輸入先の変化 / p64
  • 4 日本鉄鋼業と中国資源 / p70
  • 四 鉄鋼はいかにしてつくられ、どんな形で生産されるか / p75
  • 1 鉄鋼生産の三段階 / p75
  • a 製銑 / p77
  • b 製鋼 / p82
  • c 圧延 / p86
  • 2 鉄鋼生産企業の三形態 / p92
  • a 銑鋼一貫企業(高炉メーカー) / p95
  • b 単独製鋼企業(平炉メーカー) / p98
  • c 単独圧延企業(単圧メーカー) / p105
  • 五 鉄鋼業の独占はどんなにすすめられているか / p111
  • 1 生産の集中と独占の強化 / p111
  • 2 銀行資本と鉄鋼業との結びつき / p122
  • a 投資を通ずる支配 / p122
  • b 融資を通ずる支配 / p126
  • 六 鉄鋼労働者はどんな環境のもとで働いているか / p135
  • 1 高熱重筋作業と労働災害 / p135
  • 2 鉄鋼労働力の給源 / p145
  • 3 生産性向上の実態 / p156
  • 七 鉄鋼はなにに使われ、どこに輸出されているか / p163
  • 1 変化した国内市場 / p163
  • 2 不安定な輸出市場 / p171
  • 八 日本をめぐる世界の鉄鋼業はどんな動きをみせているか / p182
  • 1 アメリカ鉄鋼業の拡張 / p182
  • 2 ソ連圏鉄鋼業の発展 / p185
  • 3 シューマン・プラン諸国の動向 / p191
  • 4 後進諸国における鉄鋼業の確立 / p195
  • 5 中国鉄鋼業の建設 / p199
  • 九 鉄鋼業はどんな道をあゆんでいるか / p203
  • 1 独占体間の競争の激化 / p203
  • 2 設備近代化の進展 / p209
  • 3 系列支配の強化とカルテル体制の確立 / p217

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鉄鋼
著作者等 市川 弘勝
書名ヨミ テッコウ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1961 8刷
版表示 改訂版
ページ数 225p
大きさ 18cm
NCID BN01814545
BN05140410
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61004510
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想