西部戦線異状なし

レマルク 著 ; 秦豊吉 訳

1918年夏、焼け爛れた戦場には砲弾、毒ガス、戦車、疾病がたけり狂い、苦熱にうめく兵士が全戦場を埋め尽す中にあって、冷然たる軍司令部の報告はただ「西部戦線異状なし、報告すべき件なし」。自己の体験をもとに第一次大戦における一兵士ボイメルとその戦友たちの愛と死を描いた本書は、人類がはじめて直面した大量殺戮の前で戦慄する様を、リアルに文学にとどめたものとして、世界的反響を呼び起こした。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西部戦線異状なし
著作者等 Remarque, Erich Maria
秦 豊吉
レマルク
書名ヨミ セイブ センセン イジョウ ナシ
書名別名 Im Westen nichts Neues
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2007.1
版表示 66刷改版.
ページ数 419p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-212501-4
NCID BA30080283
BA81552539
BA82614074
BN05131952
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21272195
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想