日米摩擦、やっと原点が見えてきた

ロバート・J.コリンズ 著 ; 井上篤夫 編[訳]

商業と経済の大国ニッポンに、「マックス・デインジャー」なる架空の人物を投げ込んでみた。彼は単に西洋人の目でニッポンを眺めるだけでなく、日本に入り込んで生活をする。一方、登場する日本人たちはビジネスや生活など、様々なレベルで彼に関わってくる。本書をお読みいただければ、日米摩擦の根本の根本が見えてくるはずである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ああ、ビジネス帝国ニッポン(「日米構造協議」などでは解消されない根本的なズレ
  • 日米関係は近寄り過ぎて見えなくなった ほか)
  • 日本社会のどこが特殊か(イライラするほど融通がきかない奴ら
  • 日本のサービスは世界最高 ほか)
  • 日本暮らしの不思議体験(アメリカ人をどう接待してやればいいか
  • アメリカ人はどう接待されたがっているか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日米摩擦、やっと原点が見えてきた
著作者等 Collins, Robert J.
井上 篤夫
コリンズ ロバート・J.
書名ヨミ ニチベイ マサツ ヤット ゲンテン ガ ミエテキタ
書名別名 マックス一家が味わった"特殊な国"ニッポンのズレ
シリーズ名 ベストセラーシリーズ
ワニの本
出版元 ベストセラーズ
刊行年月 1990.8
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 4584007306
NCID BN05127343
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90051123
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想