超ひも理論入門  下

F.デーヴィッド・ピート 著 ; 久志本克己 訳

これまでの物理学は、線分の中に大きさのない点が無限にあるとする数学に基づいて築かれ、時空を無限小に分割できる連続体として扱ってきた。だが量子論では、光さえ連続的なものではなく、究極的には不連続の量子-光子によって表現されなければならない。なぜ空間はその例外で、無限分割が可能だというのか?世界を記述するにふさわしい別の数学があるのではないか?アインシュタインの一般相対性理論は時空の幾何学の理論だが、この幾何学は量子論を盛り込んだ世界ではどう見えるだろうか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 7 スピノールからツイスターへ
  • 8 ツイスター空間
  • 9 ツイスター重力
  • 10 大海へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超ひも理論入門
著作者等 Peat, F. David
久志本 克己
ピート F.デーヴィッド
書名ヨミ チョウ ヒモ リロン ニュウモン
書名別名 Superstrings and the search for the theory of everything
シリーズ名 ブルーバックス
巻冊次
出版元 講談社
刊行年月 1990.8
ページ数 244p
大きさ 18cm
ISBN 4061328328
NCID BN05096997
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90057227
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想