デジタル思考とアナログ思考

吉田夏彦 著

コンピュータが音楽や美術の分野に活用される等、社会のすみずみに浸透している一方で、感性の重要性が叫ばれている。一体、論理的にものごとを処理していく能力としての理性と、その反対概念として、感情にうったえることが多い感性とは、まったく異質なものなのか。思考の流れを、合理的なデジタル型と直観的なアナログ型に大別し、その両者の本質に深く関わる理性と感性の対立や結びつきを捉え直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 二つのことば
  • 第2章 論理的な概念
  • 第3章 アナロジーから論証へ
  • 第4章 部分への分解
  • 第5章 デジタルなやり方
  • 第6章 直観と概念
  • 第7章 自然言語と人工言語
  • 第8章 デジタルなやり方と感性
  • 第9章 形而上学
  • 第10章 感性の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デジタル思考とアナログ思考
著作者等 吉田 夏彦
書名ヨミ デジタル シコウ ト アナログ シコウ
シリーズ名 NHKブックス 586
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1990.8
ページ数 215p
大きさ 19cm
ISBN 4140015861
NCID BN05096760
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90052489
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想