近世土地政策の研究

竹安繁治 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 序説 / p1
  • 一 問題の所在 / p1
  • 二 近世前期の土地政策 / p4
  • 三 近世中期の土地政策 / p7
  • 四 近世後期の土地政策 / p11
  • 五 展望--残された課題-- / p14
  • 第二章 近世検地における地積の問題 / p18
  • 一 織田検地と地積--渋江政光の検地書を素材として-- / p19
  • 二 太閤検地と地積--仙台藩の検地政策をめぐって-- / p26
  • 三 徳川幕府の検地と地積 / p30
  • 第三章 近世の隠地対策とその諸段階 / p39
  • 一 隠地対策の推移 / p39
  • 二 寛保期における禁令緩和の歴史的意義 / p43
  • 三 寛政改革と永荒地問題 / p47
  • 第四章 近世土地移動制限立法の史的展開 / p54
  • 第一節 田畑永代売買禁止令 / p54
  • 一 田畑永代売買禁止令とその意義 / p54
  • 二 享保期における田畑永代売買解禁論 / p59
  • 三 田畑永代売買禁止令の緩和 / p65
  • 四 高抜売買の問題 / p71
  • 第二節 質地政策 / p76
  • 一 質地政策の起点--頼納・不埒証文-- / p76
  • 二 元禄期質地政策の動向 / p87
  • 三 享保期の質地政策 / p94
  • 四 近世質地政策の転換 / p100
  • 五 近世後期の質地政策 / p106
  • 第三節 無主地対策 / p111
  • 一 無主地対策とその諸形態 / p111
  • 二 享保期の無主地対策 / p114
  • 三 無主地対策の意義 / p118
  • 第四節 分地制限令 / p120
  • 一 分地制限令の推移 / p120
  • 二 分地制限令と農村人口-労働力問題 / p124
  • 第五章 近世の耕地造成策 / p129
  • 一 近世前期の耕地造成策 / p129
  • 二 享保期の新田政策とその後の推移 / p136
  • 第六章 近世封建社会の土地構造--土地政策との関連における-- / p145
  • 第一節 問題の限定 / p145
  • 第二節 封建貢租の収取構造 / p154
  • 一 余剰面積と剰余労働の問題 / p154
  • 二 封建貢租の賦課方法 / p158
  • 三 領主的収取の性格 / p160
  • 第三節 田畑永代売買禁止令の評価をめぐって / p171
  • 一 田畑永代売買禁止令の史的位置 / p171
  • 二 近世初期の田畑売買とその禁止化傾向 / p181
  • 三 大石氏の禁令評価に対する一疑問 / p186
  • 第四節 質流地の問題 / p190
  • 第五節 近世地主制の素描--結びに代えて-- / p198
  • 補論 太閤検地の評価に関する一問題 / p203
  • 一 はしがき / p203
  • 二 太閤検地の歴史的評価 / p204
  • 三 太閤検地先行段階の土地構造 / p207
  • 四 太閤検地の妥協性 / p211
  • 五 太閤検地と慶長検地 / p218
  • 六 むすび / p234

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近世土地政策の研究
著作者等 大阪府立大学経済学部
竹安 繁治
書名ヨミ キンセイ トチ セイサク ノ ケンキュウ
シリーズ名 大阪府立大学経済研究叢書 ; 第7冊
出版元 大阪府立大学経済学部
刊行年月 1962
ページ数 235p
大きさ 22cm
NCID BN05086825
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63001089
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想