精神分裂病

猪瀬正, 台弘, 島崎敏樹 編

[目次]

  • 目次
  • 第1章 総論 新海安彦
  • I. 序論 / p1
  • II. 知り方の吟味 / p12
  • III. 分裂病学と哲学的方法との間の区別 / p71
  • IV. 補遺 / p83
  • 第2章 人間学 島崎敏樹・宮本忠雄
  • I. まえおき / p110
  • II. 精神医学における人間学的思潮の成立と発展 / p112
  • III. 分裂病における疾病学の構造 / p116
  • IV. 疾病学から人間学へ(Jaspersにみる過渡期の思想) / p126
  • V. 人間学的方法の臨床的展開(特に妄想と幻覚をめぐって) / p130
  • VI. むすび
  • 第3章 心因論 村上仁・笠原嘉・阪本健二
  • I. 序 / p155
  • II. ある分裂病者の「発病状況」について / p161
  • III. 分裂病者の家庭研究 / p177
  • IV. 分裂病の精神療法から / p189
  • V. 結語 / p214
  • 第4章 分裂病と創造性 島崎敏樹・宮本忠雄
  • I. まえおき / p220
  • II. 分裂病と創造性の事実的諸関係 / p221
  • III. 分裂病性創造の諸特徴(造型作品における分裂病性様式) / p224
  • IV. 様式変遷の背後にあるもの(分裂病的相貌学) / p227
  • V. 分裂病における創造と治癒(美的エクスタシスからカタルシスへ) / p231
  • VI. むすび(分裂病的創造と近代芸術) / p234
  • 第5章 児童の精神分裂病 黒丸正四郎・岡田幸夫
  • I. 児童における分裂病概念発展の歴史的展望 / p242
  • II. わが国における児童分裂病の研究 / p284
  • 第6章 非定型分裂病 諏訪望
  • I. はじめに(疾患単位と類型) / p293
  • II. 非定型分裂病の範囲(定型と非定型) / p294
  • III. 変質精神病を中心とする考え方 / p297
  • IV. 混合精神病を中心とする考え方 / p303
  • V. 類型論的な考え方 / p305
  • VI. むすび(非定型精神病の問題における臨床精神病理学の意義) / p307
  • 第7章 行動学的研究 臺弘
  • I. 緒論 / p311
  • II. 方法論 / p313
  • III. 精神分裂病者の行動特性 / p317
  • IV. 実験的自閉性行動異常 / p326
  • 第8章 身体病理学 諏訪望・山下格
  • I. はじめに / p332
  • II. 精神分裂病は脳の病変に基づくという考えから / p332
  • III. 精神分裂病が感染,中毒ないし自家中毒によっておこるという考えから / p339
  • IV.精神分裂病は全身疾患であるという考えから / p344
  • V. まとめ / p362
  • 第9章 組織病理学 猪瀬正
  • I. まえがき / p383
  • II. これまでの組織病理学的研究 / p383
  • III. 「分裂病の組織病理学」の批判 / p387
  • IV. これまでに記されたその他の所見 / p390
  • V. 近年における業績 / p391
  • VI. 立津の業績 / p395
  • VII. まとめ / p399
  • 第10章 生理学的研究 中川四郎・菱山珠夫
  • I. 緒言 / p402
  • II. 脳波学的研究 / p402
  • III. 自律神経系の機能に関する研究 / p409
  • IV. 条件反射学的研究 / p411
  • V. 精神分裂病者の知覚機能 / p415
  • VI. 反応行動および適応行動の精神生理 / p417
  • VII. 対人関係の精神生理 / p422
  • VIII. 結語 / p424
  • 第11章 身体療法(痙攣療法とインシュリン療法) 島薗安雄
  • I. いわゆるショック療法の治療的意義 / p433
  • II. 痙攣療法とインシュリン療法の適応 / p438
  • III. いわゆるショック療法の方法 / p441
  • IV. いわゆるショック療法の作用機序 / p446
  • 第12章 薬物治療 佐藤倚男
  • I. はじめに / p459
  • II. 薬物の種類 / p460
  • III. 治療法 / p470
  • 第13章 生活療法(実験的治療棟による慢性分裂病の研究) 小林八郎
  • I. 総論 / p478
  • II. Freeman,T.,Cameron,J.L.およびMcghie,A.の実験 / p480
  • III. Appleby,L.,Proano,A.およびPerry R.の実験 / p496
  • IV. 小林・岡庭・夏堀の実験 / p506
  • V. 結論 / p526
  • 索引 / p529

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 精神分裂病
著作者等 台 弘
島崎 敏樹
猪瀬 正
書名ヨミ セイシン ブンレツビョウ
出版元 医学書院
刊行年月 1966
ページ数 542p
大きさ 26cm
NCID BN05084240
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66005699
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想