キリスト教美術図典

柳宗玄, 中森義宗 編

キリスト教美術は、仏教美術とともに宗教美術を代表する。古代末期の混乱した世界を救済するために生まれたキリスト教は、宣教の具として美術を大いに活用した。その造形は人類発展の歴史の一端を物語る。本書はこうしたキリスト教美術の真髄を図像の解明に求め、旧・新約など聖書にもとづく説話や象徴を取り上げ、その全容を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • キリスト教図像について(聖像否定の思想
  • 図像芸術の容認
  • 図像展開の場
  • 説話図像の典拠)
  • キリスト教図像の展開(神と図像
  • 説話と図像
  • 聖人と図像
  • 象徴、寓意、比喩)
  • キリスト教美術関連年表

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キリスト教美術図典
著作者等 中森 義宗
柳 宗玄
書名ヨミ キリストキョウ ビジュツ ズテン
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1990.9
ページ数 484p
大きさ 24cm
ISBN 4642072276
NCID BN05081967
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90051909
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想