脳のはなし

ボリス・セルゲーエフ 著 ; 金光不二夫 訳

頭蓋骨に納まった白っぽいゼリー状の物質は、生きたコンピュータだった。「脳」の発見から現代まだの脳研究の成果を追いながら、「脳」の構造・メカニズム・機能を解説。「脳」のもっともやさしい入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生きたコンピュータの構造
  • 第2章 回路とインパルス
  • 第3章 ブラック・ボックス
  • 第4章 進化のおりもの
  • 第5章 双頭の鷲
  • 第6章 気質とはなにか
  • 第7章 世紀の息吹

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳のはなし
著作者等 Sergeev, Boris Fedorovich
金光 不二夫
セルゲーエフ ボリス
書名ヨミ ノウ ノ ハナシ
書名別名 Высшая форма
出版元 東京図書
刊行年月 1990.6
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 4489003099
NCID BN05072467
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90044257
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想