美容の化学

シャルル・ブルジョワ 著 ; 堅田道久 訳

[目次]

  • 目次
  • 訳者のことば / p3
  • まえがき / p11
  • 第一部 主原料
  • 第一章 植物性原料 / p13
  • I 植物油 / p13
  • II カカオ脂 / p16
  • III カルナウバ蠟 / p16
  • IV 精油 / p17
  • V バルサムとレジン / p33
  • VI 花粉 / p35
  • 第二章 動物性原料 / p37
  • I 鯨蠟(セチン) / p37
  • II 蜜蠟 / p37
  • III ラノリンとその誘導体 / p39
  • IV ローヤル・ゼリー / p41
  • V 動物性香料 / p42
  • VI 鱈、おひょう、亀などの肝臓の油 / p43
  • 第三章 その他のものに基づく種々の基礎原料 / p45
  • I ワセリン、パラフィン、オゾケライトおよびセレシン / p45
  • II 種々の脂肪酸とその誘導体 / p46
  • III コレステロール / p48
  • IV グリセリン / p48
  • V ポリエチレン・グリコール / p49
  • VI 界面活性剤 / p51
  • VII ビタミン / p55
  • VIII ホルモン / p60
  • IX 有機体組織の抽出物 / p61
  • X 防腐剤と酸化防止剤 / p63
  • XI 色素 / p65
  • 第二部 化粧品
  • 第四章 香水 / p69
  • 第五章 オー・デ・コロンとラベンダー水 / p73
  • I オー・デ・コロン / p74
  • II ポルトガル・ローション / p76
  • III ラベンダー水とラベンダー芳香アルコール溶液 / p76
  • 第六章 色に関する化粧品 / p78
  • I 頬紅、白粉、ファウンデーション / p78
  • II 口紅 / p79
  • III 粉白粉 / p83
  • IV 美容マスク / p87
  • 第七章 美容クリームとコールド・クリーム / p89
  • I 連続相が水のクリーム / p89
  • II 連続相が油のクリーム / p92
  • III 乳液 / p94
  • IV シェービング・クリーム / p94
  • 第八章 毛髪用製品 / p97
  • I 脱色剤 / p97
  • II 染毛剤 / p98
  • III パーマネント・ウューブ用溶液 / p100
  • IV ブリリアンチン / p106
  • V ローション / p109
  • VI ペトロール / p112
  • VII シャンプー / p113
  • VIII 整髪科 / p119
  • IX 脱毛剤および脱毛用蠟 / p120
  • 第九章 日光浴用製品 / p122
  • I 日焼け止め油とクリーム / p122
  • II 褐色に染めるローション / p125
  • 第十章 ハミガキ / p127
  • I 練ハミガキ / p127
  • II 粉ハミガキ / p130
  • III 石鹼ハミガキ / p131
  • IV エリキシルと水ハミガキ / p131
  • 第十一章 爪用製品 / p133
  • I エナメル / p133
  • II エナメル除去液 / p137
  • III 外皮除去液(キューティクルリムーバー) / p137
  • 第十二章 その他の種々の製品 / p139
  • I 化粧水 / p139
  • II 洗顔水 / p139
  • III 化粧醋 / p140
  • IV 眼用ローション / p140
  • V バスソルト / p141
  • VI 脱臭剤 / p142
  • あとがき / p144
  • 参考文献 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 美容の化学
著作者等 Bourgeois, Charles
Bourgeois, Thomas Charles
堅田 道久
シャルル・ブルジョワ
書名ヨミ ビヨウ ノ カガク
書名別名 Biyo no kagaku
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 1962
ページ数 146p
大きさ 19cm
NCID BN0506153X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62007611
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想