恋愛論  上

スタンダール 著 ; 前川堅市 訳

「この本は恋愛と呼ばれる情熱を構成するすべての感情の詳細で綿密な記述なのである。」理論書か、批評か、告白か、創作か-「結晶作用」の喩えでも知られ、古今東西の引用、作家自身の恋愛体験が織りなす無類の書物。上巻には第五十三章までを収録。新訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1巻(恋愛について
  • 恋の誕生について
  • 希望について
  • ザルツブルクの小枝
  • 男女による恋の発生の相違について ほか)
  • 第2巻(恋愛に見る諸国民-フランスについて
  • 続・フランスについて
  • イタリアについて
  • ローマ
  • イギリスについて ほか)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 初版の序 / 11
  • 第一序説 / 13
  • 第二序説 / 22
  • 最後の序 / 24
  • 第一部
  • 第一章 恋愛について / 33
  • 第二章 恋の芽生えについて / 38
  • 第三章 希望について / 43
  • 第四章 / 47
  • 第五章 / 49
  • 第六章 ザルツブルクの小枝 / 50
  • 第七章 両性間における恋の芽生えの差異について / 53
  • 第八章 / 56
  • 第九章 / 61
  • 第十章 / 62
  • 第十一章 / 65
  • 第十二章 結晶作用についてのつづき / 67
  • 第十三章 第一歩、上流社会、不幸について / 70
  • 第十四章 / 73
  • 第十五章 / 76
  • 第十六章 / 78
  • 第十七章 恋に王座をうばわれた美 / 81
  • 第十八章 / 83
  • 第十九章 美の例外についてのつづき / 86
  • 第二十章 / 90
  • 第二十一章 初対面について / 91
  • 第二十二章 心酔について / 95
  • 第二十三章 一眼惚れ / 96
  • 第二十四章 見知らぬ国の旅 / 101
  • 第二十五章 紹介 / 108
  • 第二十六章 羞恥心について / 111
  • 第二十七章 まなざしについて / 121
  • 第二十八章 女の自尊心について / 122
  • 第二十九章 女の勇気について / 132
  • 第三十章 奇妙な悲しい光景 / 137
  • 第三十一章 サルヴィアッチの日記抄 / 139
  • 第三十二章 親しさについて / 150
  • 第三十三章 / 157
  • 第三十四章 うち明け話について / 158
  • 第三十五章 嫉妬について / 163
  • 第三十六章 嫉妬について(つづき) / 170
  • 第三十七章 ロクサーヌ / 174
  • 第三十八章 自負心の意地について / 177
  • 第三十九章 争いの恋について / 185
  • 第三十九章(再び) 恋の療法 / 191
  • 第三十九章(完) / 195
  • 第二部
  • 第四十章 / 201
  • 第四十一章 恋愛より見た各国民-フランス / 205
  • 第四十二章 フランスについてのつづき / 210
  • 第四十三章 イタリアについて / 215
  • 第四十四章 ローマ / 219
  • 第四十五章 イギリスについて / 222
  • 第四十六章 イギリスについてのつづき / 227
  • 第四十七章 スペインについて / 233
  • 附録
  • ザルツブルクの小枝 / 239
  • エルネスチーヌ-恋の芽生え- / 253
  • フランスにおける富豪階級の恋の実例 / 287
  • 訳註 / 306

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 恋愛論
著作者等 Stendhal
前川 堅市
杉本 圭子
スタンダール
書名ヨミ レンアイロン
書名別名 Ren'airon
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1959 12刷
版表示 改訳
ページ数 330p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-375087-2
NCID BB20220736
BN00997982
BN05040391
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59003931
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想