夏目漱石  續

森田草平 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 私の知る前の漱石先生
  • 一 先生の弱點 / 5
  • 二 奧さん思ひの先生 / 17
  • 三 金のない話 / 19
  • 四 『文學論』の硏究と神經衰弱 / 31
  • 五 再び奧さん思ひの先生 / 42
  • 六 再び先生の弱點 / 56
  • 第二章 先生の許に走るまで
  • 一 私の大學時代 / 73
  • 二 一葉女史の舊居 / 86
  • 三 歸朝後の先生の生活 / 108
  • 四 神經衰弱か精神異常か / 117
  • 第三章 初めて漱石先生に近づく
  • 一 手紙の往復 / 135
  • 二 再び手紙の往復 / 155
  • 三 異分子と『破戒』の評 卒業論文 / 172
  • 四 三重吉の處女作『千鳥』 / 181
  • 第四章 先生とその門下生
  • 一 私の歸省と『草枕』 / 199
  • 二 門下生大いに集る / 214
  • 三 草枕の餘波 / 220
  • 四 覇王樹趣味と吿白文學 / 225
  • 五 私の吿白とそれに對する先生の手紙 / 239
  • 六 三重吉小宮その他の人々(上) / 255
  • 七 三重吉小宮その他の人々(下) / 264
  • 八 三重吉の『山彥』 / 280
  • 九 『野分』の出るまで / 287
  • 一〇 先生のお宅の引越 / 298
  • 第五章 朝日新聞入社を中心として
  • 一 お能見物と就職の問題 / 309
  • 二 先生の朝日新聞入社 / 316
  • 三 私の天台宗中學就職 / 328
  • 四 京阪から歸京後の消息 / 330
  • 五 『入社の辭』と大學の犬 / 344
  • 六 『虞美人草』の執筆時代 / 350
  • 第六章 早稻田南町時代
  • 一 二度目の轉宅と謠曲 / 369
  • 二 『千代紙』と『草雲雀』 / 378
  • 三 私どもの木曜會通ひ / 383
  • 四 木曜會の話題(上) / 393
  • 五 木曜會の話題(下) / 428
  • (イ)デイアレクチツク・メソツド / 429
  • (ロ)物の兩面を見る 從つて物の兩端を敲く傾向 / 434
  • (ハ)座談の巧さと江戶ツ子 / 440
  • (ニ)自由に物を言はれる先生 / 444
  • (ホ)英吉利文學と露西亞文學 / 454
  • (ヘ)先生の近代人的素質 / 461
  • (ト)先生と大陸文學 / 474
  • (チ)先生と禪學 禪學的趣味 / 487
  • (リ)難行門と易行門 / 502
  • (ヌ)謠曲 能と芝居 厭味の辯 / 517
  • (ル)先生の好きな女の顏 / 532
  • (ヲ)先生の印稅と金錢問題 / 539
  • 第七章 『煤煙』事件の前後
  • 一 私が『煤煙』を書くに到るまで / 549
  • 二 煤煙事件の眞相 / 554
  • 三 雪山の頂きに手紙を燒く / 578
  • 四 先生と共に風呂へ入る / 582
  • 五 空白の九箇月間 / 592
  • 六 『三四郞』の女主人公 / 604
  • 七 『煤煙』漸く成る それに對する先生の批評 / 616
  • 八 その後の私と先生 / 639
  • 九 私の『三四郞』評と先生の『それから』 / 648
  • 一〇 先生のドストエーフスキ論 / 667
  • 一一 謠曲『七騎落』と間喜兵衞 / 679
  • 第八章 朝日文藝欄時代
  • 一 朝日文藝欄の設立 / 695
  • 二 朝日文藝欄の發展 / 698
  • 三 『門』『あきらめ』『土』 / 708
  • 四 雛子の誕生 立像の首 生田君の原稿 佐久間艇長と東鄕元帥 / 717
  • 第九章 修善寺の大患とその以後
  • 一 修善寺の大患と見舞客の雜沓 / 733
  • 二 先生の歸京と入院 附『思ひ出す事ども』 / 751
  • 三 お目玉を喰つた一例 / 763
  • 四 博士辭退問題 / 772
  • 五 私の『自敍傳』又お目玉 / 777
  • 六 朝日文藝欄の廢止 / 786
  • 七 私の『初戀』石川啄木の事ども / 793
  • 第十章 『彼岸過迄』と『行人』時代以後
  • 一 『須永の話』と『行人』の意義 / 799
  • 二 三度目の神經衰弱 / 810
  • 三 古洋服とキツドの靴 / 824
  • 四 『心』と『道草』 / 827
  • 第十一章 臨終
  • 一 臨終の當日 死面 / 835
  • 二 葬儀の當日 / 838

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 夏目漱石
著作者等 森田 草平
書名ヨミ ナツメ ソウセキ
書名別名 Natsume soseki
巻冊次
出版元 甲鳥書林
刊行年月 1942-1943
版表示 第3版
ページ数 2冊
大きさ 22cm
NCID BA3050004X
BN05037841
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67014006
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想