ミステリーサークル : 円環効果とは何か

G.T.Meaden 著 ; 大槻義彦 訳

1980年以来、イギリスの田舎の丘陵に広がる刈り入れ間近の麦畑で毎年麦が渦巻状になぎ倒され、直径1メートルから32メートルにわたる円形を形づくっていることが注目されるようになった。まるで超自然的な力が空から働いたとしか思えない。そして、この円形がいろいろな幾何学的パターンをとることが明らかになるにつれて謎は深まる一方で、UFOの着陸跡、巧妙ないたずら、気象現象といろいろな説が登場している。本書は、この研究の第一人者の『気象ジャーナル』編集長G.T.ミーデン氏がこの奇妙な現象例を紹介しながら、この円形パターンがなぜできるのかを解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 麦畑の怪
  • 第2章 目撃者の証言
  • 第3章 地形と円環渦の関係
  • 第4章 帯電渦とは
  • 第5章 放電渦と放電球体
  • 第6章 渦と火の玉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミステリーサークル : 円環効果とは何か
著作者等 Meaden, George Terence
大槻 義彦
ミーディン G.T.
書名ヨミ ミステリー サークル
書名別名 The circles effect and its mysteries

Misuteri sakuru
出版元 丸善
刊行年月 1990.6
ページ数 168p
大きさ 19cm
ISBN 4621034960
NCID BN05031812
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90045410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想