ポスト形而上学の思想

ユルゲン・ハーバーマス 著 ; 藤沢賢一郎, 忽那敬三 訳

<モデルネ>の問題地平をほとんどひとりで切りひらきそのコミュニケーション論にもとづいて近代の諸問題を独自の視角で論じ尽くそうとする現代哲学の巨匠ハーバーマス。形而上学的思考にたいする鋭い批判を中心にその最新の思考の成果を一挙に開陳した巨大な問題提起の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 形而上学への回帰か(近代の地平の移動
  • カント以後の形而上学
  • 形而上学以後の思考のモティーフ)
  • 第2部 語用論的転回(行為・発話行為・言語に媒介された相互行為・生活世界
  • 意味理論の批判によせて
  • ジョン・サール著『意味・コミュニケーション・表象』の論評)
  • 第3部 形而上学と理性批判のあいだ(多数の声部をもった理性の統一
  • 社会化による個性化-ジョージ・ハーバード・ミードの主体性理論
  • 哲学と科学は文学か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポスト形而上学の思想
著作者等 Habermas, Jürgen
忽那 敬三
藤沢 賢一郎
ハーバーマス ユルゲン
書名ヨミ ポスト ケイジジョウガク ノ シソウ
書名別名 Nachmetaphysisches Denken
シリーズ名 ポイエーシス叢書 3
出版元 未来社
刊行年月 1990.7
ページ数 353, 5p
大きさ 20cm
ISBN 462493203X
NCID BN05031787
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90047694
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想