精神と物質 : 分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか

立花隆, 利根川進 著

はたして「生命」は神秘であるのか?利根川進氏の"百年の一度"の大研究とは-。20時間の及ぶ徹低インタビューが明らかにした最先端生命科学の現状。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「安保反対」からノーベル賞へ
  • 第2章 留学生時代
  • 第3章 運命の分かれ目
  • 第4章 サイエンティストの頭脳とは
  • 第5章 科学に「2度目の発見」はない
  • 第6章 サイエンスは肉体労働である
  • 第7章 もう1つの大発見
  • 第8章 「生命の神秘」はどこまで解けるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神と物質 : 分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか
著作者等 利根川 進
立花 隆
書名ヨミ セイシン ト ブッシツ
出版元 文芸春秋
刊行年月 1990.7
ページ数 261p
大きさ 22cm
ISBN 4163444300
NCID BN05023847
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90046623
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想