ケルト人の世界

T.G.E.パウエル 著 ; 笹田公明 訳

本書は、歴史学、考古学、言語学のさまざまな証拠を駆使して、東のバルカン半島からフランス、スペイン、そして西のイギリス、アイルランドにいたるまで「未開のヨーロッパ」に生きたケルト人の生活、芸術、宗教全般を鮮やかに描いている。従来、「幻の民」と呼ばれてきたケルト人を、その起源から最後の軌跡まで、初めて総合的に解説した記念碑的名著である。カラー口絵はじめ160点に及ぶ写真・図版を掲載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ケルト人を求めて(情報源と定義
  • 古代史の中のケルト人
  • ガリア人
  • ガラテア人 ほか)
  • 第2章 ケルト人の生活(ケルト人の肉体的特徴
  • 服装
  • 装飾品
  • ケルト人気質 ほか)
  • 第3章 ケルト人の神霊(ケルト人の原始的宗教
  • 年間行事
  • 部族神と自然神
  • 三組神 ほか)
  • 第4章 ケルト人の軌跡(キンブリー族とチュートン族
  • 「ゲルマン人」
  • 古代チュートン人
  • デンマークでのケルト出土物 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ケルト人の世界
著作者等 Powell, T. G. E.
Powell, Thomas George Eyre
笹田 公明
パウエル T.G.E.
書名ヨミ ケルトジン ノ セカイ
書名別名 The Celts

Kerutojin no sekai
出版元 東京書籍
刊行年月 1990.7
ページ数 297p
大きさ 20cm
ISBN 4487760895
NCID BN05017913
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90050187
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想