会計原則発達史 : 会計「統一化」を中心として

山本繁 著

[目次]

  • 会計原則研究の現代的意義と分析視角
  • 「一般に認められた会計原則」の検討
  • アメリカ会計原則の生成過程
  • アメリカ会計原則の発達過程
  • 大恐慌後のアメリカ会計原則の展開-「SHM会計原則」の検討を中心に
  • アメリカ会計原則の発展系譜
  • 戦後のアメリカ会計原則の変容-「ASOBAT」の評価と問題点
  • 会計原則論から会計基準論への課題-私的統制と公的統制
  • 「国際会計基準」の動向-国際会計基準委員会の活動を中心に
  • 国際的な会計基準統一化への動き

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 会計原則発達史 : 会計「統一化」を中心として
著作者等 山本 繁
書名ヨミ カイケイ ゲンソク ハッタツシ
出版元 森山書店
刊行年月 1990.7
ページ数 178, 4p
大きさ 22cm
ISBN 4839417229
NCID BN05014733
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90047917
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想