日本の租税文化

佐藤進 著

作家たちの日記、随筆、詩歌、小説などを素材にして国民の納税意識の深層を探る。税を納める人々の人のアヤを軽妙に描いた、深い学識に基づくユニークな税制史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 歴史小説にみる維新の変革
  • 社会小説『黒潮』の租税問答
  • 日本文学の中の酒税物語
  • 農民文学における租税公課
  • 作家における租税意識の成長-野上弥生子の場合
  • 随筆の中の税金
  • 詩の中の税金
  • 戦後文学と税金
  • 経済小説の中の税金
  • 推理小説の中の税金
  • 日記の中の税金
  • 自伝の中の税金
  • 近代日本の租税思想
  • 日本人と税金

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の租税文化
著作者等 佐藤 進
書名ヨミ ニホン ノ ソゼイ ブンカ
書名別名 Nihon no sozei bunka
出版元 ぎょうせい
刊行年月 1990.6
ページ数 272p
大きさ 21cm
ISBN 4324021678
NCID BN05011291
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90050384
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想