熱帯雨林で私がみたこと

キャサリン・コーフィールド 著 ; 雨森孝悦 訳

アマゾン、赤道アフリカ、東南アジア-3年間にわたり世界の熱帯雨林の奥地にわけいり、取材・調査した女性ジャーナリストが見たものは何か。地球上でもっとも古く、脆く、複雑で、豊かなエコシステムをもつ熱帯雨林のおどろくべき生態-動物、植物、森の民の生活-と、すさまじい勢いですすむ"文明"と"開発"の名の下での"破壊"。その歴史的、政治的、経済的背景を自然科学の該博な知識をもつ著者が静かな筆致でレポート。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 世界の熱帯雨林
  • 日本の読者へ
  • 1章 ブラジルの「ある町」
  • 2章 熱帯雨林とは
  • 3章 森の上に森がある
  • 4章 かぎりなき豊かさ
  • 5章 森に生きる
  • 6章 森の民の精緻な農業体系
  • 7章 木材貿易
  • 8章 熱帯雨林を「経営」する
  • 9章 「開拓」民たち
  • 10章 大地の恵み

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 熱帯雨林で私がみたこと
著作者等 Caufield, Catherine
雨森 孝悦
コーフィールド キャサリン
書名ヨミ ネッタイ ウリン デ ワタクシ ガ ミタ コト
書名別名 In the rainforest
出版元 築地書館
刊行年月 1990.7
ページ数 290p
大きさ 19cm
ISBN 4806710857
NCID BN05005437
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90045607
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想