政策決定の理論

白鳥令 編

学際的視野からの発想とアプローチ、体系モデルの構築、現実社会の問題解決に役立つ理論。科学的な政治学の確立をめざして。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 政策決定論の系譜
  • 第2章 インクリメンタリズム
  • 第3章 官僚政治モデル
  • 第4章 政策決定の心理学的なアプローチ
  • 第5章 過程モデル
  • 第6章 利益団体のモデル
  • 第7章 費用便益分析と政策科学
  • 第8章 意思決定のゲーム論的な理解
  • 第9章 政策決定の公共選択論的アプローチ
  • 終章 現代政治学と政策決定の理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 政策決定の理論
著作者等 白鳥 令
書名ヨミ セイサク ケッテイ ノ リロン
シリーズ名 「現代の政治学」シリーズ 1
出版元 東海大学出版会
刊行年月 1990.6
ページ数 242p
大きさ 21cm
ISBN 4486010620
NCID BN05003475
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90050277
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想