原子と原子核

小川岩雄 著

[目次]

  • 1 化学的仮説としての分子・原子論(原子の科学的認知-ドルトンの化学的原子論
  • アボガドロの法則と原子量・分子量)
  • 2 物理的実在としての原子・分子(気体の物理的性質
  • 気体運動論)
  • 3 電子の発見-"原子以下"の粒子との出合い(真空放電と陰極線:電子の発見
  • 電子が原子の構成要素である可能性)
  • 4 原子の構造と原子核の発見(原子模型
  • ボーアの原子構造論)
  • 5 原子核の構成(初期の研究
  • 原子の質量分析と同位体
  • 電子・陽子仮説とその欠点
  • 中性子の発見と陽子・中性子説の成功)
  • 6 核力と核エネルギー(核力
  • 核エネルギー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原子と原子核
著作者等 小川 岩雄
書名ヨミ ゲンシ ト ゲンシカク
シリーズ名 物理学one point 29
出版元 共立
刊行年月 1990.7
ページ数 120p
大きさ 19cm
ISBN 4320032772
NCID BN05001913
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90045407
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想