上部構造論

ゲ・イェ・グレーゼルマン 著 ; 蔵原惟人, 上田俊一 訳

[目次]

  • 目次
  • はしがき / p3
  • 序論 / p7
  • 第一章 土台と社会生活におけるその経済的機能
  • 一 社会の経済制度 / p20
  • 二 土台の歴史的性格 / p27
  • 三 生産方法と土台 / p32
  • 第二章 上部構造にたいする土台の規定的な役割
  • 一 ひとびとの社会的意識とかかわりなく存在する物質的社会関係としての生産関係 / p40
  • 二 物質的関係の反映としてのイデオロギー的社会関係 / p46
  • 三 土台の変化につづく上部構造の変化の合法則性 / p49
  • 第三章 上部構造の奉仕の役割と土台の発展にたいするその能動的な影響
  • 一 社会の発展における上部構造の能動的な役割 / p56
  • 二 社会の革命的変革の時代における上部構造の能動的な役割の増大 / p63
  • 三 階級分裂社会における上部構造の階級的性格 / p67
  • 第四章 ふるい上部構造の絶滅とあたらしい上部構造の発生
  • 一 ふるい上部構造の一掃を必然的にする原因 / p85
  • 二 ふるい上部構造を一掃してあたらしい上部構造をつくりだす時代としての革命 / p88
  • 三 ふるい上部構造からあたらしい上部構造へ移行する過程 / p97
  • 第五章 上部構造の生産との間接的な関係。上部構造の相対的独立性
  • 一 生産、土台および上部構造のあいだの関係の性格 / p103
  • 二 上部構造的な諸現象の発展における歴史的継承性と上部構造の相対的独立性 / p113
  • 第六章 上部構造が作用する範囲
  • 一 上部構造が作用する範囲の限界 / p120
  • 二 文化と上部構造にたいするその関係 / p126
  • 第七章 科学と芸術、上部構造にたいするそれらの関係
  • 一 社会生活における科学の役割と地位 / p136
  • 二 社会生活における芸術の役割と地位 / p166
  • 解説 / p189
  • 事項・人名・文献索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 上部構造論
著作者等 Glezerman, Grigoriĭ Efimovich
上田 俊一
小島 吉俊
蔵原 惟人
ゲ・イェ・グレーゼルマン
書名ヨミ ジョウブ コウゾウロン
シリーズ名 唯物論叢書
出版元 青木書店
刊行年月 1956
ページ数 195, 15p
大きさ 19cm
NCID BN04992925
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59009964
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想