日本の立地政策

村田喜代治 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき / p1
  • 序章 明るい地域と暗い地域 / p1
  • 経済成長と地域の悩み / p1
  • 工場誘致の賛成と反対--西宮での経験 / p2
  • 工業のない貧しさ--後進県からの報告 / p4
  • 第一章 工業立地の決定--立地論の考え方-- / p7
  • 一 立地論の誕生 / p7
  • 二 工業立地の決定 / p12
  • 第二章 工業の集積と限界 / p24
  • 一 集積の形成と限界 / p24
  • 二 社会的費用と集積の限界 / p32
  • 第三章 工業地域の形成と集積の大きさ / p43
  • 一 工業の発展と工業地域の形成 / p43
  • 二 主要地域の集積度 / p52
  • 第四章 工業の過集積と社会的損失 / p62
  • 一 工場公害の実態 / p62
  • 二 工業用水の取得と社会的費用 / p70
  • 三 工場排水と社会的費用 / p80
  • 四 揚水と排水の規制 / p89
  • 第五章 立地政策の歩み / p93
  • 一 生産基盤の悪化と立地政策の展開 / p93
  • 二 立地政策の内容--隘路の実態と改善計画-- / p99
  • 第六章 立地政策の問題点--過集積の助長-- / p114
  • 一 立地政策の反省 / p114
  • 二 京葉工業地域の造成--周辺地域開発への懸念-- / p123
  • 三 過集積の助長--周辺地域開発の危険性-- / p132
  • 第七章 過集積の排除と地域開発 / p142
  • 一 地域較差の縮小と工業化 / p142
  • 二 地域開発と工業配置計画 / p148
  • 三 イギリスの立地政策 / p154
  • 四 地域較差縮小の方向 / p165
  • 第八章 立地政策と私企業の立地 / p171
  • 一 後進地域における単一工業の立地--黒部市における一つの例-- / p171
  • 二 輸送費の位置差--鉄鋼業における例証-- / p176
  • 三 後進地域の工業化と企業の適応 / p184
  • 参考文献 / p191
  • 索引 / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本の立地政策
著作者等 村田 喜代治
書名ヨミ ニホン ノ リッチ セイサク
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1962
ページ数 192p
大きさ 22cm
NCID BN04980198
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62008370
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想