地域調査

人文地理学会 編

[目次]

  • 目次
  • 都市域における山村の変遷に関する地理学的研究 (その1)-京都市旧花背・久多両村の場合-京都大学教養部人文地理学教室 / p1
  • まえがき 藤岡謙二郎(京都大学教授) / p3
  • 調査地域の位置と行政区劃の変遷 藤岡謙二郎 野田只夫(京都学芸大学助手) / p4
  • 自然的基礎 小池洋一(京都洛北高校教官高野山大学講師)藤岡謙二郎 / p6
  • 集落と交通路の変遷 藤岡謙二郎 / p9
  • 山村経済
  • (1) 概況-職業構造とその階層的関連- 小池洋一 / p16
  • (2) 停滞的な農業 浮田典良(京都大学助手) / p19
  • (3) 林業の進展 小池洋一 野田只夫 / p24
  • (4) 労働 末尾至行(京都大学助手) / p33
  • 人口 西村睦男(京都大学助教授) / p38
  • 伝統的生活諸方式の変容過程 石川栄吉(神戸大学講師) / p43
  • むすび 藤岡謙二郎 西村睦男 / p51
  • 水源林と村民の生活-学生調査グループによる山村実態調査の一例- 東京大学理学部地理学教室(大学院学生) / p53
  • 調査の沿革と構成 / p55
  • 調査の目的と意義 / p56
  • 水源林の社会的意義 / p57
  • 山梨県東山梨郡神金村両沢の調査 / p59
  • 山梨県北都留郡小菅村・丹波山村の調査 / p61
  • 調査の問題点と今後の展開 / p62
  • 紀伊大島の調査 和歌山大学学芸学部地理学教室 / p65
  • 紀伊大島の調査について / p67
  • 漁業-特に入漁関係について-薮内芳彦(金沢大学教授) / p68
  • 漁業-古座・樫野入会漁場の歴史地理学的研究 池浦正春(京都大学大学院学生) / p73
  • 農業 岡本啓志(和歌山大学助教授) / p80
  • 集落概要 羽柴健次(和歌山県立古座高校教官) 辻靖司(和歌山大学学生) / p82
  • 通婚圏 登地恒三(和歌山県新宮市立城南中学校教官) / p84
  • 教育 西滋勝(和歌山大学講師) / p85
  • 北海道の沿岸漁業 東京大学東洋文化研究所地理学研究室 / p91
  • まえがき / p93
  • 序論-沿岸漁業のとらえ方-
  • 1. 「沿岸漁業」=低位生産性の表現 / p93
  • 2. 漁業の発展過程に於ける沿岸漁業の意義の変化 / p94
  • 3. 沿岸漁業のとらえ方 / p95
  • 「沿岸漁業から沖合漁業へ,沖合漁業から遠洋漁業へ」の発展を促進或は阻止する歴史的諸条件
  • 1. 増毛町の漁業 / p96
  • 2. 岩内町の漁業 / p102
  • 3. 浜中村の漁業 / p107
  • 淀川流域の人文地理的研究 立命館大学文学部地理学教室 / p113
  • 序言 山口平四郎(立命館大学教授) / p115
  • 淀川の河川改修に伴う集落の移転-三島江村を例として- 野間三郎(立命館大学教授) / p117
  • 淀川流域の集落-下流左岸低湿地の場合- 谷岡武雄(立命館大学教授) / p123
  • 淀川下流右岸の農業地域 藤本利治(立命館大学講師) / p130
  • 大阪を中心とする淀川下流域の商業的性格について 樋口節夫(立命館大学講師) / p138
  • 明治以降の淀川水運-伏見を中心として- 山口平四郎 / p143
  • 五箇山山村の研究-富山県東礪波郡平村- 大阪市立大学文学部地理学教室 / p151
  • はしがき / p153
  • 五箇山平村の地理的性格 村松繁樹(大阪市立大学助教授) / p155
  • 部落構造・共同労働・山林共有地について 岩田慶治(大阪市立大学助教授) / p170
  • 水田の形成からみた山村の体系 水津一朗(大阪市立大学助教授) / p184
  • 新しい開拓事業 君塚進(大阪市立大学時手) / p197
  • 和紙製造と五箇山の生活史 渡辺久雄(大阪市立大学教授) / p202
  • 五箇山にいたるまで-一つの反省- 川喜田二郎(大阪市立大学助教授) / p213
  • 共同調査「興除村」 岡山大学法文学部地理学教室 / p219
  • はじめに 河野通博(岡山大学助教授) / p221
  • 第一章 興除村の開発過程-その段階的特徴-故庄司久孝(岡山大学教授) 高田正規(岡山大学図書館勤務) / p223
  • 第二章 寄生地主制の生成と確立 高田正規 / p231
  • 第三章 作株及び歩作の展開過程 由比浜省吾(岡山大学助手) / p242
  • 第四章 機械化農業の発展に伴う役畜の変質の過程 石田寛(岡山大学助教授) / p261
  • 第五章 生産力の上昇と内部的矛盾の激化 河野通博(岡山大学時教授) / p271
  • 若狹漁業の地理学的研究 京都大学文学部地理学教室 / p285
  • はしがき / p287
  • 漁業生産の地理的基盤 織田武雄(京都大学教授)
  • (1) 自然環境 / p288
  • (2) 経済構造 / p291
  • 海洋漁業
  • (1) 概観 織田武雄 末尾至行(京都大学助手) / p299
  • (2) ブリに定置網漁業 末尾至行 / p303
  • (3) サバ巾着網漁業 島田正彦(京都大学大学院学生) / p313
  • 內水面漁業 矢守一彦(京都大学特別研究生) / p319
  • 結語 / p336
  • 座談会 地域調査の課題と方法 / p341

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 地域調査
著作者等 人文地理学会
書名ヨミ チイキ チョウサ
出版元 柳原書店
刊行年月 1955
ページ数 353p
大きさ 21cm
NCID BN04956568
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56001151
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想