われ山に帰る

高田宏 著

愛すべき『彦一頓智ばなし』の作者小山勝清とは何者か。熊本の山村に育った文学青年は、大正6年、堺利彦の門をくぐる。労働運動、苦い挫折、柳田国男への師事と別れ、小説執筆の日々…。常にユートピアを追い「文明社会」に対峙した「山の民」勝清の、波乱の生涯を描く。近代日本の隠れた精神史を照射する伝記文学の傑作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 球磨の泣き虫
  • 第2章 山国の女
  • 第3章 無頼の夢
  • 第4章 帰りなんいざ
  • 第5章 破門
  • 第6章 小さなユートピア
  • 第7章 国などいらぬ
  • 第8章 こどもらよ!
  • 第9章 山の民
  • 終章 帰鳥

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 われ山に帰る
著作者等 高田 宏
書名ヨミ ワレ ヤマ ニ カエル
シリーズ名 同時代ライブラリー 27
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.6
ページ数 334p
大きさ 16cm
ISBN 4002600270
NCID BN04951633
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90047066
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想