宗教とは何か

田川建三 著

人間はなぜ宗教を生み出し維持してしまうのか?批判的に宗教にとり組むとはどういうことか?-宗教批判から現代批判へ、という根柢的視点を決して手離さず、人間の生のいとなみが時として噴出させる<宗教>に批判的に取り組む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 宗教を越える(人は何のために生きるか
  • 宗教的感性では知性の頽廃を救えない
  • 宗教学という逆立ち)
  • 第2部 異質の世界の無視-翻訳に現われた思想の問題(いわゆる「共同訳聖書」の思いあがり
  • 宗教はゆがんだ鏡-M.マホヴェッチのこと
  • 難解は美徳か-E.ブロッホの誤訳とブロッホ自身)
  • 第3部 山上の説教によせて
  • 第4部 イエスを描くという行為-歴史記述の課題(遠藤周作のイエス像によせて
  • 論争以前のこと-荒井献『イエスとその時代』の著作技術について)
  • 第5部 実践の観念論-マタイ福音書の思想について(実践の観念論とは何か
  • 信仰批判としての「実践」
  • 実践の観念論から愛の虚妄へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教とは何か
著作者等 田川 建三
書名ヨミ シュウキョウ トワ ナニカ
出版元 大和書房
刊行年月 1984.3
版表示 〔新装版〕
ページ数 358, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4479730206
NCID BN01198849
BN04943861
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
84032030
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想