日米関係 : 国際化とナショナリズム

伊部 英男【著】

日本人はなぜ開国以来、異常行動を重ねたか。日米の憎悪は日本と世界に何をもたらしたか。戦後世代の知っているようで知らない明治以後の日米関係の歴史を教訓として、今後の困難な国際情勢に処していく道を示す。話題のウォルフレン"日本異形論"への批判を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本社会の底流
  • 第2章 危機は海から
  • 第3章 明治体制の成立
  • 第4章 日露戦争
  • 第5章 大正デモクラシーの時代
  • 第6章 経済恐慌と昭和維新
  • 第7章 日米関係の破局
  • 第8章 太平洋戦争
  • 第9章 占領と戦後社会
  • 第10章 日本の進路
  • 補論 日本は異形の国か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日米関係 : 国際化とナショナリズム
著作者等 伊部 英男
書名ヨミ ニチベイカンケイ : コクサイカトナシヨナリズム
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1990.5.30
ページ数 302p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4623020037
NCID BN04928664
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想