春山行夫の博物誌  6 2 (ビールの文化史 2)

春山行夫 著

醸造技術・保存技術の革新は、マスプロ・マスセールを可能にした。一方、ビールの急速な大衆化は社会的弊害を生み、禁酒運動を引き起こした。世界各国の麦酒世相史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イギリスのビール(酒場
  • 悪魔亭綺談
  • 屋号と看板
  • 醸造業の発展
  • 醸造技術の進歩
  • ビールの瓶詰 ほか)
  • フランスのビール(パリのビール
  • 18世紀の酒場
  • レストランのはじまり ほか)
  • ドイツのビール(ブドウ酒とビールの国
  • ビールで肥大漢
  • ドイツという国
  • オランダの植民地
  • ドイツ・ビールの出現
  • ミルウォーキー
  • 黄金時代と禁酒運動 ほか)
  • 20世紀のビール

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 春山行夫の博物誌
著作者等 春山 行夫
書名ヨミ ハルヤマ ユキオ ノ ハクブツシ
書名別名 ビールの文化史

Haruyama yukio no hakubutsushi
巻冊次 6 2 (ビールの文化史 2)
出版元 平凡社
刊行年月 1990.7
ページ数 311p
大きさ 20cm
ISBN 4582512232
NCID BN04912700
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90050684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想